日本の様々な事についてふつつか者ですが語らせていただきます。

ヨシタケシンスケのグッズをまとめてみた!おすすめイラスト・作品も

2019/08/25
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ササキ
そこらへんの凡人。 友達がいないことを武器に、今日も写輪眼とブログを極める日々。 好きな物は酢のもの、嫌いな物はインスタ(男の)。 好きでも嫌いでもない物はマックのスマイル0円。

絵本作家として人気を博しているヨシタケシンスケさん。

 

そんな彼ですが、なんと現在グッズが販売されているんですね!

そのグッズについてまとめてみました!

また、ヨシタケシンスケさんのオススメイラストと作品についてもまとめました!

 

<スポンサーリンク>



スポンサーリンク

ヨシタケシンスケとは?

ヨシタケシンスケのプロフィール


出典 http://bunshun.jp

生年月日 1973年6月17日

年齢 45歳

出身 神奈川県茅ケ崎市

最終学歴 筑波大学卒業

 

ヨシタケシンスケは絵本作家!

ヨシタケシンスケさんは最近絵本業界で一躍有名となっている絵本作家です!

その功績は目覚ましく、2013年にはMOE絵本屋さん大賞第1位を獲得したり、2014年に第2回長野県本屋大賞CONTEMPORARY部門を受賞されたりしています!

 

その他にも

・第61回産経児童出版文化賞美術賞

・わたくし、つまりNobody賞

・けんぶち絵本の里大賞

も受賞されたりしています。

 

絵本で子供の創造性を高めているといる意味では、子供にとっての神様というべき存在でしょうか。

…ちょっと違うか笑

 

そんな絵本界のレジェンド的存在奈ヨシタケシンスケさんですが、実はかなり遅咲きの方なんですね!

大学院を出た後ずっとイラスト関係の仕事に携わっていたものの、ずっと結果が出ていなかったんですよね…

 

初めて結果が出たのは40歳の時。

初だしした絵本「りんごかもしれない」が大ヒットしたんですね!

なるほど、イラストから絵本に転身したことでヨシタケさんの才能が開花したんですな!

 

スポンサーリンク

ヨシタケシンスケの作品について

ヨシタケシンスケの人気作品まとめ

さて、ここではヨシタケシンスケさんの人気を博している作品についてまとめていきたいと思います!

 

りんごかもしれない

ヨシタケシンスケさんのデビュー作。

 

そのベストセラーっぷりは凄まじく、この1冊で

MOE絵本屋さん大賞第1位

第61回産経児童出版文化賞美術賞

を獲得されています。

 

一つのリンゴを常識に囚われなく妄想してみることで、無限の世界観が現れるよ!という一冊です。

例えば、もしかしたらリンゴの中には機械が詰まっているんじゃないか?とか、何かの卵じゃないか?とか。

 

皆さんの中にも、幼少期文房具なんかを操り人形に見立てて遊んでいた人は多いんじゃないでしょうか?

僕も激落ちくんにはお世話になりました…

 

この本はそんな常識に支配された我々が忘れてしまった妄想の世界を思い起こしてくれるという、大人も楽しめる一冊となっています。

 

ぼくのニセモノをつくるには

2014年に発行された代表作。

第2回長野県本屋大賞CONTEMPORARY部門を受賞されている作品です。

 

この作品は、男の子とお手伝いロボットのお話です。

とある男の子がやりたくないことをお手伝いロボットに代行してもらおう!と思いつき、ロボットを手に入れます。

(papper君でも値が張るのに、どう手に入れたんだろう?という話ですが…)

 

ところが、そのロボットはニセモノとばれないために男の子について彼について質問してきます。

その質問に答えていくことで、自分って何だろう?という哲学について考えていく、というお話です。

 

「人によって自身のイメージは違うから、知り合いの通りだけの自分が存在する」など、我々でも考えさせられるようなヨシタケ哲学がちりばめられています。

自身を失っていた大人程身に染みる一作といえるでしょう。

 

ヨシタケシンスケのイラストについて

さて、ヨシタケシンスケさんは絵本作家に転身する前はイラストレーターとして活動されていたのは先述の通りです。

「やっぱり今日でした」や「せまいぞドキドキ」など、イラスト集も出版されています。

 

例えば、こんなイラストを描かれています。


出典 https://prcm.jp


出典 https://prcm.jp

 

また、LINEスタンプも販売されているようですね。

 

<スポンサーリンク>



スポンサーリンク

ヨシタケシンスケのグッズまとめ

ここでは、ヨシタケシンスケさんのグッズについてまとめていきたいと思います!

マスキングテープ


出典 https://www.ehonnavi.net

 


出典 https://www.ehonnavi.net

よく手作りの作品を作るときなんかに用いられるテープですね。

テープ自体にヨシタケシンスケさんのデザインがあります。

 

種類は「りゆうがあります」「ふまんがあります」「なつみちゃん」の3種類。

ヨシタケさんらしいかわいらしいデザインですな!

お値段は380円です。

 

ふせんメモ


出典 https://www.ehonnavi.net

マスキングテープよりも、こちらのほうが使い勝手はよいかもしれません。

当然ヨシタケシンスケさんのイラストが施されています。

 

種類はテープ同様「りゆうがあります」「ふまんがあります」「なつみちゃん」の3種。

50シートで、サイズは10.7×8.7cmです。

 

テープとセットで入手したいものですな!

お値段は380円です。

 

バッグ


出典 https://www.ehonnavi.net

小柄のかわいらしいバッグです。

ヨシタケシンスケさんの作品「なつみにはなんでもなれる」がデザインされています。

 

サイズは約19.5×30×マチ11cmということで、小物入れにピッタリですな!

お値段は1300円です。

 

現在販売終了しているグッズ

メモ帳

今度はメモ帳です。

こちらは2種類で、「こちらをごらんください」「つたえたいことがあります」です。

ヨシタケシンスケさんのイラストは非常にかわいらしいのですが、少しメモしづらいかもわかりませんな…

 

シール

ヨシタケシンスケさんのイラストのシールなんてものも発売されていたんですね!

現在販売終了なのが惜しいですね…

ふせん

紙にしがみつく様子のふせんなんてものもありました。

ヨシタケシンスケさんのユニークっぷりがうかがえますね!

何で販売終了したんやろ…

 

まとめっ

ヨシタケシンスケさんの活動、これからも楽しみですね!

 

次は>>

ヨシタケシンスケの本名とは?プロフィール・経歴も紹介!

 

<スポンサーリンク>



この記事を書いている人 - WRITER -
ササキ
そこらへんの凡人。 友達がいないことを武器に、今日も写輪眼とブログを極める日々。 好きな物は酢のもの、嫌いな物はインスタ(男の)。 好きでも嫌いでもない物はマックのスマイル0円。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 私めが語らせていただきます。 , 2018 All Rights Reserved.