日本の様々な事についてふつつか者ですが語らせていただきます。

ドラマ「ストロベリーナイト・サーガ」のロケ地を調査。脚本は誰が担当か?

2019/09/03
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ササキ
そこらへんの凡人。 友達がいないことを武器に、今日も写輪眼とブログを極める日々。 好きな物は酢のもの、嫌いな物はインスタ(男の)。 好きでも嫌いでもない物はマックのスマイル0円。

さて、4月からまた新たなドラマが始まります。

その名も「ストロベリーナイト・サーガ」。

 

さて、ドラマを見るにあたって気になるのがその撮影場所

主要場所のロケ地についてリサーチしました!

 

また、やはりドラマの核たる存在が脚本家

今回は誰が脚本を担当されるのでしょうか?

 

<スポンサーリンク>



スポンサーリンク

ドラマ「ストロベリーナイト・サーガ」とは?

 

4月から新ドラマ「ストロベリーナイト・サーガ」が始まります。

フジテレビ系列で、木曜22時に放送されます。

 

「ストロベリーナイト・サーガ」のあらすじは?

このドラマですが、実は原作である小説「ストロベリーナイト」を基にして作られている作品なんですよね。

誉田哲也さんが著者の小説です。

警視庁捜査一課殺人犯捜査係に配属された女性警官・姫川玲子を中心とする個性溢れる刑事達が、凶悪な難事件に挑む警察小説。

出典 https://ja.wikipedia.org

 

タイトルだけを見るとどんなドラマか見当もつきませんが、実は刑事ドラマなんですよね。

ストーリーの面白さとキャラクターの個性の強さが魅力であるドラマと言えると思います。

 

ちなみに、この小説は過去にも1度ドラマ化されているんですよね

2010年に土曜プレミアムでスペシャルドラマで放送されたのを皮切りに、何度も単発でドラマが放送されたり、2012年には連続ドラマとして放送されたり、さらには13年には映画化も果たしています。

 

こちらをご存知の方は「この続編か!?」と思うかもしれませんが、今作はこれらとは全く違う作品となっています

 

主演は誰か?

前作の姫川玲子を演じた主演は竹内結子さんでしたが、今回は二階堂ふみさんが演じられます。

ノンキャリアでありながら27歳という若さで警部補に昇進した女性刑事を演じられます。

まあ、二階堂さんは刑事ものの出演も多いですから、今回の作品も慣れっこかもしれませんね!

 

スポンサーリンク

ドラマ「ストロベリーナイト・サーガ」のロケ地

さて、ドラマを見るにあたってやはりチェックしたいのが撮影場所。

ここでは、主要のロケ地についてまとめていきたいと思います!

 

…とはいえ、まだロケ地を特定できる程情報が公開されていないのが現状です。

情報が出てき次第こちらも更新していきたいと思います!

 

<スポンサーリンク>



スポンサーリンク

ドラマ「ストロベリーナイト・サーガ」の脚本

さて、ドラマの要を握っていると言っても過言でもない脚本。

今作ではどなたが脚本を担当されるのでしょうか?

 

今回は、徳永友一さんが担当されます!

ご存じない方も多いかもしれませんが、徳永さんといえば数多くの有名ドラマを輩出している脚本家さんです

 

例えば、「ホームレス中学生」、「水球ヤンキース」、「僕たちがやりました」、「グッドドクター」などが挙げられます。

 

ちなみに、徳永さんは2008年ごろまでインテリジェンスという会社で働く傍ら映画の制作にも取り掛かってました。

そのころから実力があったようで、2002年にはオリジナルの作品「同棲倶楽部」がフジテレビヤングシナリオ大賞の最終選考対象作品に選ばれました。

このころはまだ20代半ばだというから驚きですよね!

 

また、年に1回ほどしか制作を行わない脚本家さんが多い中で、徳永さんは年に3、4作の制作に参加されているのもすごいですよね。

やはり映画に対する熱意と実力があるからこそ作り続けれるし、テレビ会社のほうからも頼まれるのでしょうね…!

 

なお、最近では映画にも力を入れており、今年の現状だけでも「翔んで埼玉」と「かぐや様は告らせたい」の2作に参加することが決定しています。

もはや働きすぎでは…?

 

まとめっ

4月の放送が待ち遠しいですね!

 

<スポンサーリンク>



この記事を書いている人 - WRITER -
ササキ
そこらへんの凡人。 友達がいないことを武器に、今日も写輪眼とブログを極める日々。 好きな物は酢のもの、嫌いな物はインスタ(男の)。 好きでも嫌いでもない物はマックのスマイル0円。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 私めが語らせていただきます。 , 2019 All Rights Reserved.