日本の様々な事についてふつつか者ですが語らせていただきます。

ドラマ「集団左遷!!」のモデルとは…?脚本家についても調査

2019/09/03
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ササキ
そこらへんの凡人。 友達がいないことを武器に、今日も写輪眼とブログを極める日々。 好きな物は酢のもの、嫌いな物はインスタ(男の)。 好きでも嫌いでもない物はマックのスマイル0円。

4月からまた新たなドラマが始まります。

その名も「集団左遷!!」。

 

さて、ドラマを見ているうえで気になるのが作品の原作。

今回は「集団左遷!!」のモデルについてリサーチしました!

 

また、ドラマの完成度の高さを握っているのがやはり脚本家。

どなたが脚本家を担当されるかについてと、その方の経歴もリサーチしました!

 

<スポンサーリンク>



スポンサーリンク

ドラマ「集団左遷!!」とは?

 

集団左遷!!」とは、4月から始まる新ドラマです。

TBS系列で毎週日曜の夜9時から放送されます。

 

初回放送日は4月21日です。

片岡洋が50歳を目前に支店長に昇任することに。しかし赴任先となる蒲田支店は、すでに廃店が決まっている店舗だった。上層部から「頑張らなくていい」と言われた片岡は、問題も多いが能力はある社員たちを前にこのままでいいのだろうかと葛藤する。

出典 https://www.tbs.co.jp

店の廃店を画作している巨大組織の理不尽に立ち向かいながらも、再起へ向けて動き出していくという物語です。

過去に大ブレイクした半沢直樹の雰囲気をどこか醸し出していますね!

 

ドラマ「集団左遷!!」の主演

さて、今回主演を務められるのは福山雅治さん。

廃店が決まっている三友銀行蒲田支店の支店長となる片岡洋役を演じられます。

 

理不尽なことだと分かっていても、飲み込んで、我慢して、「会社で生き残るためだ」そう考えている「the サラリーマン」の一方で、部下や仲間の頑張りにほだされてしまう情に熱い男でもあるという役柄を演じられます。

以前に福山さんが主演を行った「そして父になる」や「ガリレオ」のような、クールで冷徹なイメージの強い福山さんですが、今回は逆に情に熱い男を演じられます。

 

むしろ、本来の福山さんの性格に合っているかもわかりませんな!

ちなみに、福山さんのドラマへの出演は16年のラブソング以来の3年ぶりとなります。

 

スポンサーリンク

ドラマ「集団左遷!!」のモデル

さて、ドラマを語るうえで外せないのがその原作

特に「ドラマの結末を早く知りたい!」という人や「ドラマ面白え!原作はもっとおもろいはずやん!」という人にとっては気になる話題でしょう。

果たして、「集団左遷!!」のモデルは何なのでしょうか?

 

今作のモデルは「集団左遷」と「銀行支店長」という小説となります!

江波戸哲夫さんの作品です。

 

では、まず「集団左遷」について。

バブル崩壊直後が舞台で、主人公滝川晃司が所属している不動会社側がリストラを強引に推し進めようとするのを、滝川含む中年サラリーマンが抵抗するという内容となっています。

 

この作品自体が江波戸さんのサラリーマン時代の経験をモデルとしており、バブル崩壊当時の状況を描き出しているような内容となっています。

発行は1993年と古い作品ですね。

 

実は、この発行直後に映画化が行われました。

主演は柴田恭兵さんで、長いキャリアを持つ名俳優です。

 

東映の社運を懸けて制作が行われましたが、配収は1.6億円と大惨敗に終わりました。

もしかしたら記憶にある方も多いかもわかりませんね。

 

 

では、次に「銀行支店長」について。

こちらもバブル崩壊後を舞台としており、主人公の片岡史郎は士気の高揚と過剰融資の点検に追われつつも、銀行の再建にむけ闘うという内容です

こちらも古い作品で、1995年に発行されました。

 

以上2つを見ていると、今回のドラマはこの2作をミックスした作品だということがわかりますね!

蒲田支店のダメ社員集団は「集団左遷をモデルに、福山さん演じる片岡洋は「銀行支店長をモデルにしていることが伺えます。

だから、キャラクターも原作とは違う名前の人なのでしょうね。

 

<スポンサーリンク>



スポンサーリンク

ドラマ「集団左遷!!」の脚本

さて、やはりドラマの質を決めると言っても過言でないのが脚本。

特に今回は原作のミックスということで、オリジナルよりも器量が求められると言えます。

「集団左遷!!」の脚本は誰が担当されるのでしょうか?

 

今作はいずみ吉紘さんが担当されます!

 

いずみさんはテレビドラマの脚本をメインに担当される脚本家さんです。

sacca株式会社に所属されています。

 

有名な作品としては「南極大陸」や「ROOKIES」「あの日見た花の名前をぼくたちはまだ知らない」「帝一の國」などが挙げられます。

脚本家としては遅めにデビューした方で、10年ほど広告関係での職を行った後、1999年に第11回フジテレビヤングシナリオ大賞佳作を受賞したことでデビューされました。

 

<スポンサーリンク>



この記事を書いている人 - WRITER -
ササキ
そこらへんの凡人。 友達がいないことを武器に、今日も写輪眼とブログを極める日々。 好きな物は酢のもの、嫌いな物はインスタ(男の)。 好きでも嫌いでもない物はマックのスマイル0円。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 私めが語らせていただきます。 , 2019 All Rights Reserved.