日本の様々な事についてふつつか者ですが語らせていただきます。

栗駒山の紅葉時期でドライブコースのおすすめを紹介!車でも楽しめる!

2019/09/03
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ササキ
そこらへんの凡人。 友達がいないことを武器に、今日も写輪眼とブログを極める日々。 好きな物は酢のもの、嫌いな物はインスタ(男の)。 好きでも嫌いでもない物はマックのスマイル0円。

秋がとうとう来て、紅葉の季節となって参りましたね!

宮城県でも、多くの紅葉スポットがあるため見に行きたいと思っている方は多いと思います。

今回は、その中でも栗駒山にスポットを当ててみていきたいと思います。

 

ここで見ていきたいのが栗駒山の紅葉を車だけで楽しむ場合について。

栗駒山でのドライブコースはどういうルートがあるのでしょうか?

今回は、栗駒山を車で紅葉を楽しむためのおすすめのドライブコースについて見ていきたいと思います!

 

スポンサーリンク

栗駒山の紅葉を車で楽しむ際におすすめのドライブコースは?

 

ここで見ていきたいのが、栗駒山の紅葉を車で楽しみたい!という方向けのドライブコースについて。

紅葉観賞といえばやはり山に登って観るのが一般的ですが、体力に自信のない方や疲れたくない…という方は車での紅葉観賞を行いたいはず。

果たして、栗駒山の紅葉を車で楽しむ際のドライブコースにはどのようなものがあるのでしょうか?

 

まず一つ言っておきたいのが、ここでのドライブコースは周回を想定して作っております。

ただし、栗駒山より北側から来るか南側から来るかによってルートが変わるため、北側については水沢ICをスタートとゴールに、南側については築館ICをスタートとゴールに設定してルートをご紹介します。

因みに、水沢ICと築館ICの場所は以下の通りです。

 

 

水沢IC(北側)を起点とした栗駒山のドライブコースについて

最短ルートで栗駒山もまわって周回

最初に挙げられるのが、最短距離で紅葉スポットを周回するドライブコース

道のりとしては、以下の通りです。

水沢IC→ジュネス栗駒→須川温泉→平泉前沢IC→水沢IC

 

道路で言うなら、国道397号線→国道342号線→高速道路という道のりとなります。

以下のマップの通りです。

距離は138㎞で、3時間15分かかります。

 

このドライブコースは、一番短い距離でかつ一番紅葉がきれいに見れる須川温泉周辺を通ることができるルートです!

これから紹介するドライブコースの中では一番おススメであると言えます!

 

ただし、須川温泉周辺については、実は繁忙期はかなり混雑してしまうんですね…

その為、もしかしたら渋滞にはまってしまう可能性があるかもしれません。

渋滞がひどい日は行かない方がいいかもしれません。

 

因みに、渋滞しやすい日程などについてはコチラで説明しています

また、先ほど紹介した進路の逆方向を進むのもあまりお勧めしません。

なぜなら、国道342号線の栗駒山までの上り、言い換えればICから山に行くルートの栗駒山周辺の道路はかなり混雑してしまうからなんですね。

なので、先述したルートに従ったほうがいいです。

 

多少遠回りだが渋滞を避けて周回

次に挙げられるのが、多少遠回りをするものの渋滞スポットである国道342号線の一部エリアを避けて周回して紅葉を楽しむドライブコース

道のりとしては以下の通りです。

水沢IC→ジュネス栗駒→須川温泉→湯沢温泉→花山湖→若柳金成IC→水沢IC

 

道路で言うなら、国道397号線→国道342号線→県道282号線→国道398号線→国道457号線のルートです。

以下の地図の通りです。

距離は191㎞で、4時間23分かかります。

 

こちらについては、紅葉がとくに盛んな国道342号線を通らない部分となります。

かつ、最初のルートより遠回りとなってしまいます。

 

なので、存分に紅葉を楽しむにはお勧めはしません。

ただし、もし国道342号線が混んでいた場合は、混雑回避のためにこちらのルートを通ったほうが賢明です

 

因みにですが、国道342号線はとある時期だととある地点でたった5㎞で4時間かかってしまう程混んでしまうんですよね…

詳しく知りたい方はコチラをご覧ください

なので、最初のルートが駄目だと判断したときの回避ルートとして考えてもらうと幸いです。

 

 

スポンサーリンク



 

 

築館IC(南側)を起点とした栗駒山のドライブコースについて

最短コースで栗駒山もまわって周回

こちらにも、最短コースで栗駒山の紅葉を楽しむドライブコースが存在します。

道のりとしては以下の通りです。

築館IC→須川温泉→一関IC→築館IC

 

道路で言うなら、国道398号線→県道282号線→国道342号線→高速道路というコースです。

以下の地図の通りです。

距離は155㎞で、3時間10分かかります。

 

このドライブコースは、一番紅葉をきれいにみることができる国道342を通ることもあり非常にキレイな紅葉を楽しめるコースです!

ただし、342号線の渋滞スポットを通るため、渋滞の危険性があります。

特に、ひどい時期では4時間程度足止めを食らうこともあります。

どういう日程で渋滞が盛んになるかについては、こちらで詳しく話しています。

 

その為、この道を通るなら渋滞しない時期に行く必要があります

ちなみに、こちらのルートの逆打ちはお勧めしません。

なぜなら、342号線を東から西へ進むルートはとても渋滞しやすいからなんですね。

その為、先ほどのコースに従うのが賢明です。

 

多少遠回りだが渋滞を避けて周回

こちらについては、もし前で紹介したドライブコースが渋滞でひどい場合の保険ルートです

距離も長くなり、かつ342号線のきれいなルートを通れなくなってしまうので、もし渋滞がひどくなさそうなら行かなくてもいいと思います。

 

コースは以下の通りです。

築館IC→須川温泉→ジュネス栗駒→水沢IC→築館IC

 

道路で言うなら、国道398号線→県道282号線→国道342号線→国道397号線→高速道路となります。

以下の地図の通りです。

距離は209㎞、4時間25分かかります。

先述の通り、あくまでも渋滞が激しい用の迂回路となります。

また、長くドライブを楽しみたいという方にはいいかもしれません!

 

スポンサーリンク

栗駒山の紅葉時期でドライブコースのおすすめを紹介!のまとめっ

今回は以下についてまとめていきました。

  • 水沢IC(北側)を起点とした栗駒山のドライブコースを2通り紹介
  • 築館IC(南側)を起点とした栗駒山のドライブコースを2通り紹介

短いルートを通ったとしても、3時間程度かかるということでやはり長丁場を予想したほうがいいです。

とはいえ、めったに見れない美しい紅葉の姿を堪能することができるので、そこは必要な犠牲であると言えるかもしれませんね!

是非とも、楽しいドライブでの紅葉観光をしてくださいね!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ササキ
そこらへんの凡人。 友達がいないことを武器に、今日も写輪眼とブログを極める日々。 好きな物は酢のもの、嫌いな物はインスタ(男の)。 好きでも嫌いでもない物はマックのスマイル0円。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 私めが語らせていただきます。 , 2019 All Rights Reserved.