日本の様々な事についてふつつか者ですが語らせていただきます。

夏の甲子園優勝候補ランキング・ランク!トーナメントブロックごとの候補も【2019】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ササキ
そこらへんの凡人。 友達がいないことを武器に、今日も写輪眼とブログを極める日々。 好きな物は酢のもの、嫌いな物はインスタ(男の)。 好きでも嫌いでもない物はマックのスマイル0円。

さて、今年もやって参りました。

野球地方大会が終わり、甲子園が始まりましたね!

やはり野球大国というべき日本にとっては、高校生が繰り広げる野球のドラマにくぎ付けの方は多いはず。

今回は2019年の甲子園について見ていきたいと思います。

 

まず見ていきたいのが夏の甲子園における優勝候補のランク付けについて。

果たして、今年の高校のランキングはどのように出るでしょうか?

 

また、やはり甲子園はトーナメント表がかなり勝敗を左右します。

トーナメントブロックごとにランクを見ていき、それを踏まえたうえでの優勝候補を見ていきたいと思います!

今回は、夏の甲子園における優勝候補のランキングやランクと、トーナメントブロックごとの優勝候補についてまとめていきたいと思います!

 

スポンサーリンク

夏の甲子園優勝候補ランキング・ランク


さて、ここで見ていきたいのが夏の甲子園における優勝候補のランク付けについて。

果たして、今年の高校のランキングはどのようなものなのでしょうか?

 

ランキングは、日刊スポーツ、スポニチ、スポーツ報知、サンスポ、中日スポーツ、デイリースポーツの6つが出している評価を基にまとめ、順位付けしていきます。

尚、スポーツ紙ごとのそれぞれの評価はこちらに掲載しています

 

それぞれのスポーツ紙をまとめたものによると、習志野、東海大相模、星稜、履正社の4校が優勝候補であると言えそうですね!

なお、高校全体の順位は以下の通りとなっています。

順位 高校名 スポニチ 中日 デイリー サンスポ 報知 日刊
1 習志野
1 東海大相模
1 星稜
1 履正社
5 近江
5 明石商
7 筑陽学園
8 智弁学園
8 智弁和歌山
10 花咲徳栄
11 八戸学院光星
12 霞ヶ浦
12 高松商
12 関東一
12 山梨学院
12 作新学院
12 仙台育英
12 花巻東
12 明徳義塾
20 聖光学院
20 前橋育英
20 国学院久我山
20 敦賀気比
20 中京学院大中京
20 津田学園
20 立命館宇治
20 広島商
20 沖縄尚学
29 日本文理
29 静岡
29 鳴門
29 海星
29 熊本工
29 神村学園
35 鶴岡東
35 高岡商
37 岡山学芸館
37 宇和島東
37 旭川大高
37
37 富島
42 秋田中央
42 米子東
42 宇部鴻城
42 佐賀北
42 藤蔭
47 石見智翠館
48 北照
48 飯山

 

スポンサーリンク

トーナメント表のブロックごとの優勝候補は?


さて、やはり甲子園はその強さだけで優勝が決まるわけではありません。

トーナメントで優勝が決まるため、その組み合わせが勝敗を左右することは優にあり得ますよね!

ということで、やはり見るべきなのはトーナメント表を踏まえたうえでの高校の評価です。

ここでは、トーナメント表のブロックごとに高校の評価を見ていき、優勝候補を見ていきたいと思います!

 

第一ブロック

第一ブロックは以下のような評価となっています。

第一ブロックでは筑陽学園が優勝候補であると言えそうです。

 

第二ブロック

第二ブロックは以下のような評価となっています。

優勝候補である東海大相模と近江がいきなり衝突する形となってしまいました。

第二ブロックでは東海大相模が優勝候補であると言えそうです。

 

第三ブロック

第三ブロックでは以下のような評価となっています。

第三ブロックでは明石商が優勝候補であると言えそうです。

 

第四ブロック

第四ブロックでは以下のような評価となっています。

第四ブロックでは智弁学園が優勝候補であると言えそうです。

 

第五ブロック

第五ブロックでは以下のような評価となっています。

第五ブロックでは履正社が優勝候補であると言えそうです。

 

第六ブロック

第六ブロックでは以下のような評価となっています。

第六ブロックでは星稜が優勝候補であると言えそうです。

 

第七ブロック

第七ブロックでは以下のような評価となっています。

第七ブロックでは花巻東が敗退してしまったため、仙台育英が優勝候補であると言えそうです。

 

第八ブロック

第八ブロックでは以下のような評価となっています。

第八ブロックでは習志野が優勝候補であると言えそうです。

 

優勝候補まとめ

これらを一通りまとめると、以下のようになります。

第一ブロックは筑陽学園。

第二ブロックは東海大相模。

第三ブロックは明石商。

第四ブロックでは智弁学園。

第五ブロックでは履正社。

第六ブロックでは星稜。

第七ブロックでは仙台育英。

第八ブロックでは習志野。

 

なお、第1~5ブロックで1チーム、6~8ブロックで1チームが決まることとなります。

そうなると、評価に従うならば決勝戦は東海大相模or履正社星稜or習志野となってきそうですね!

 

スポンサーリンク

まとめっ

今回は以下についてまとめていきました。

 

・甲子園の評価のランキングより優勝候補の予測

・甲子園のトーナメント表より優勝候補の予測

この記事を書いている人 - WRITER -
ササキ
そこらへんの凡人。 友達がいないことを武器に、今日も写輪眼とブログを極める日々。 好きな物は酢のもの、嫌いな物はインスタ(男の)。 好きでも嫌いでもない物はマックのスマイル0円。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 私めが語らせていただきます。 , 2019 All Rights Reserved.