日本の様々な事についてふつつか者ですが語らせていただきます。

東京や大阪の暑さはいつまで?異常な暑さの原因は何?【2019】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ササキ
そこらへんの凡人。 友達がいないことを武器に、今日も写輪眼とブログを極める日々。 好きな物は酢のもの、嫌いな物はインスタ(男の)。 好きでも嫌いでもない物はマックのスマイル0円。

いやぁ、ついに暑さがやってきたわけですが、かなり暑いですね

地球温暖化のせいなのか、今年もかなり暑さを感じます。

 

こんな暑さを感じていて、まず皆さんが想うであろう疑問が、なぜこんなに暑いのか。

この異常な暑さの原因について見ていきたいと思います!

 

また、こんな猛暑がいつまで続くのかについても見ていきたいところですよね。

東京と大阪の暑さがいつまで続くかについても見ていきたいと思います!

今回は、異常な暑さの原因と、東京と大阪の暑さがいつまで続くかについて見ていきたいと思います!

 



<スポンサーリンク>

スポンサーリンク

2019年の暑さについて

さて、今年の暑さについて例年と比較して分析してみたいと思います。

まず、7月については今年はずっと梅雨だったため、そこまで暑さを感じられなかったと言えますね。

 

関東では例年より8日遅く、近畿では例年より3日遅く梅雨が明けました。

また、梅雨明けが以上に早かった昨年と比べれば関東では30日遅い、近畿では15日遅い梅雨明けとなりました。

そう考えれば、昨年よりはまだましだったと言えるかもしれませんね。

 

気温については、2019年は例年より暑いといえます。

tenki.jpによると、8月は例年より気温が高い確率を70%としており、今我々が感じている暑さが錯覚ではないことが伺えます。

また、梅雨明け以降の温度は、東京都や大阪など多くの地域で35~36℃前後を推移しています。

東京都の8月の平均気温が31℃、大阪府が33℃ですから、やはり例年より暑いことがわかりますね。

 

ちなみに、気温を比較すれば記録的猛暑と言われていた昨年とそこまで変わりません。

昨年も35~36℃付近の気温の日が多かったですからね…

しいて言うならば、梅雨明けが遅かったことくらいでしょうか。

そう考えると、やはり今年の暑さも異常的だと言えますなぁ…

 

スポンサーリンク

異常な暑さの原因は何?

出典 https://jp.weathernews.com

さて、今年も昨年ほどの猛暑に見舞われていることは先述の通りですが、やはり気になるのがどうしてこんなに暑いのか。

この異常な暑さの原因は果たして何なのでしょうか?

 

2019年の猛暑の原因として、日本で2つの高気圧が同時に居座っている状態にある、いわばダブル高気圧となっていることが挙げられます

日本の暑さを作る高気圧として、太平洋高気圧とチベット高気圧の2つが存在します。

 

太平洋高気圧とは、太平洋に発生している高気圧のことを指します。

海の水蒸気が運ばれてくるため、比較的高温多湿なのが特徴です。

 

一方、チベット高気圧とはその名の通りチベット高原を中心に作られる高気圧のことを指します。

乾燥している場所が発生源の為、比較的高温乾燥になります。

 

さて、例年では太平洋高気圧のみが日本にいる状態なんですね。

しかし、今年はチベット高気圧の勢力が盛んなため、太平洋高気圧の上にチベット高気圧が覆いかぶさっている状態となっています

 

このような感じですね。


出典 https://www.fnn.jp

さて、この状態だと2つの高気圧が居座る状態の為、強い高気圧となり、非常に安定します。

いわば、長期的な暑さを生み出すということですね。

 

また、チベット高気圧がかぶさっていることで熱がこもってしまうという作用も生じます。

つまり、2つの高気圧のタッグが長期的な猛暑を作り上げているということですね。

 

そして、実はこの気象現象は昨年も起こっているんですね

気になる方はこの記事を読んでみてください

つまり、2年連続でダブル高気圧が発生してしまったと言えます。



<スポンサーリンク>

スポンサーリンク

暑さはいつまで続く?

さて、この暑さはいつまで続くのでしょうか?

 

一般的に、暑いと言われる時期は東京だと9月中旬、大阪だと9月下旬ごろまでと言えます。

しかし、今年は猛暑の気候形態である為、もしかしたら10月になっても暑い日が出てくるかもしれません。

 

現に、昨年は10月上旬にもかかわらず30℃前後の気温の日が散見されました。

さらに、tenki.jpによると東日本西日本共に9月の気温の確率は、「平年より低い」が20%、「平年並み」が40%、「平年より高い」が40%と暑い確率の方が高いんですね。

まあ、9月や10月は雨も降るため8月よりはまだましでしょうが、今年も少し覚悟はしておいた方がいいかもしれませんね…

 



<スポンサーリンク>

まとめっ

今回は以下についてまとめていきました。

 

・2019年は例年と比べ暑い

・2019年の暑さの原因はダブル高気圧

・一般的に東京は9月中旬、大阪は9月下旬まで暑さが続くが、昨年を見るに10月でも暑さが続くかもしれない

この記事を書いている人 - WRITER -
ササキ
そこらへんの凡人。 友達がいないことを武器に、今日も写輪眼とブログを極める日々。 好きな物は酢のもの、嫌いな物はインスタ(男の)。 好きでも嫌いでもない物はマックのスマイル0円。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 私めが語らせていただきます。 , 2019 All Rights Reserved.