日本の様々な事についてふつつか者ですが語らせていただきます。

グレタトゥンベリが帰国できないと話題に?プラスチックや飛行機の件もリサーチ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ササキ
そこらへんの凡人。 友達がいないことを武器に、今日も写輪眼とブログを極める日々。 好きな物は酢のもの、嫌いな物はインスタ(男の)。 好きでも嫌いでもない物はマックのスマイル0円。

最近、グレタトゥンベリさんが話題になっていますね!

グレタトゥンベリさんといえば、若いながらも地球温暖化について疑問を呈して、社会に抗議している活動家です!

今回は、そんなグレタトゥンベリさんにフォーカスしていきたいと思います。

 

ここで見ていきたいのが、グレタトゥンベリさんが帰国できないと話題になっている件

この件について見ていきたいと思います!

 

また、グレタトゥンベリさんの件で話題となっているプラスチックと飛行機の問題についても扱っていきたいと思います!

今回は、グレタトゥンベリさんが帰国できないと話題になっている件と、プラスチックや飛行機の件について見ていきたいと思います!

 

 

スポンサーリンク

グレタトゥンベリが帰国できないと話題に?


ここでまず見ていきたいのが、グレタトゥンベリさんが帰国できないと話題になっている件について。

というのも、グレタトゥンベリさんは国連気候変動サミットに出席するために、ヨットを使用して移動していたんですね。

こちらでも詳しく話していますが、ヨットに関しては一般人が手に出せないかなりハイテクなものを使用されています。

しかし、このヨットのせいで、グレタトゥンベリさんは帰国できない事態となっているんですね。

 

というのも、このヨットはかなり傷みが激しいようで

その為、あまりアメリカに滞在させることができず、早い段階でヨットはヨーロッパに戻されてしまいました

なので、現在グレタトゥンベリさんは帰国するすべがないんですね…

 

帰国する方法はこの3つです。

  1. アメリカでほかの船をゲットする
  2. ヨットの修理を待つ
  3. 諦めて飛行機で帰る

 

とはいえ、2つ目の修理を待つ案については、修理期間+アメリカへの渡航期間が必要ですから、かなりの期間がかかってしまうことが予想されます。

この記事でも書いてある通り、グレタトゥンベリさんの家は結構お金持ちのようですが、アメリカに長期滞在するほどのお金を持ち合わせているのは怪しいところですよね…

 

一番妥当なのは、1つ目のアメリカで他の船をゲットする方法であると言えるかもしれません。

グレタトゥンベリさんは今となっては結構影響力を持たれている方ですし、誰かが支援することは十分あり得そうです。

しかも、グレタトゥンベリさんには強力な黒幕もいるようですしねぇ…

 

 

スポンサーリンク

グレタトゥンベリがプラスチックを使っている?


次に見ていきたいのが、グレタトゥンベリさんがプラスチックを使っていて騒ぎとなっている件です。

以下の画像が物議をかもしているんですね。

そう、グレタトゥンベリさんがプラスチックを使用した製品を利用しまくっているという画像ですね。

 

というのも、プラスチックは使用後の燃焼過程で、多くのCO2を輩出してしまうんですね。

さらには他の温室効果ガスだったり、有害物質も発生します。

CO2排出のうち、1.5%はプラスチックの燃焼によるものであるという話も出ていますね。

 

そのような地球温暖化を促進させてしまう要因の1つであるプラスチックを使用する製品を利用するとは、ずいぶんと一貫性がなくないか…?という疑惑が生じているという話ですね。

こういうと「ペットボトルをリサイクルすればいいのではないか…?」という意見が出てきそうですが、リサイクルにも多くの石油を使用してしまいますからね…

どちらに転んでもプラスチックは地球温暖化対策にとって良くないと言えますね…

 

スポンサーリンク

グレタトゥンベリが結果的に飛行機を使わせている?

次に見ていきたいのが、グレタトゥンベリさんの行動が結果的に飛行機を無駄に使用しているのではないか?という話です。

というのも、今回のヨット航海に際して3名の関係者が飛行機を使用しているという事実があるんですね

 

まず、ともに航海した船長は、アメリカに着いた後、飛行機で帰国をしてしまいました。

また、先ほどボートの傷みが激しく船をヨーロッパに戻したという話をしましたが、戻すためにスタッフ2名がヨーロッパから渡米しています。

こんな感じで、グレタトゥンベリさんが飛行機を使わない結果、逆に飛行機を使っているのではないか?ということで話題となっているんですね。

 

しかし、彼女を擁護するわけではないですが、この論理は微妙なんですね

というのも、このボートにはグレタトゥンベリさんのほかに、彼女のお父さんとお母さんも乗っていました。

それを考えれば、3人で飛行機にのっていくのと、ボートを使用した結果3人のスタッフが飛行機を使ったのを比較すれば人数は同じでプラマイゼロですよね…

 

それを考えると、どっちでも同じだったということができるかもしれません。

まあ最も、彼女らが乗ろうが乗らまいが飛行機は定刻通りに離陸するわけですがね…

 

 

グレタトゥンベリが帰国できないと話題に?プラスチックや飛行機の件もリサーチのまとめっ

今回は、以下についてまとめていきました。

  • グレタトゥンベリは、ヨットが傷んでいるため帰国できない模様
  • グレタトゥンベリは処理の際に温室効果ガスを排出するプラスチックを使用している画像が出て話題に
  • グレタトゥンベリは飛行機を使用していないが、ヨット航海の際にスタッフが飛行機を使用している
この記事を書いている人 - WRITER -
ササキ
そこらへんの凡人。 友達がいないことを武器に、今日も写輪眼とブログを極める日々。 好きな物は酢のもの、嫌いな物はインスタ(男の)。 好きでも嫌いでもない物はマックのスマイル0円。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 私めが語らせていただきます。 , 2019 All Rights Reserved.