日本の様々な事についてふつつか者ですが語らせていただきます。

ぼくのなつやすみのアプリは開発中止か?似たゲーム4選も

2019/08/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ササキ
そこらへんの凡人。 友達がいないことを武器に、今日も写輪眼とブログを極める日々。 好きな物は酢のもの、嫌いな物はインスタ(男の)。 好きでも嫌いでもない物はマックのスマイル0円。

日本の夏を象徴するゲーム、「ぼくのなつやすみ」。

 

とはいえ、最近発売が滞っているため、やはりぼくなつに似たゲームをしたい!という方は多いのではないでしょうか?

今回は、ぼくのなつやすみに似たゲームをまとめました!

 

また、ぼくなつがアプリ化することが発表された一方、中止もささやかれています。

その真偽についても調査しました!

 

<スポンサーリンク>



スポンサーリンク

「ぼくのなつやすみ」とは?

ぼくのなつやすみとは、ソニー・コンピュータエンタテインメントから発売されているほのぼの系ゲームです!

シリーズで累計120万本の売り上げを達成している超大作ゲームです。

 

小学生の男の子が主人公で、夏休みに田舎ながらの遊びをしていこう!というゲームですね。

昆虫採集や虫相撲、魚釣りなどが醍醐味ですよね!

 

また、ストーリー性も高く、日を進めるにつれて起こるイベントも楽しみの1つです。

現在4つのシリーズが発売されており、いずれも高い人気を博していますね!

 

スポンサーリンク

「ぼくのなつやすみ」に似たアプリ4選!

とはいえ、実はこのゲームは人気のわりにほとんど発番されないことで有名なんですよね…

最後に発売されたのが2009年で、それ以来9年間発売が行われていません。

そうなると、やはり似たようなゲームに浮気してしまいたくなってしまいますよね!

ここでは、ぼくなつに似たゲームを紹介していきたいと思います!

 

放課後少年

ぼくなつにかなりテイストが似ているゲームです。

昭和50年初頭のとある田舎町での小学6年生に焦点を当てています。

1か月後に引っ越ししてしまう主人公を操作し、楽しい思い出を作ろう!という趣旨のゲームです。

 

プレイヤーを操作して学校や町を歩き回る点ではぼくなつ同様です。

とはいえ、ミニゲームは虫相撲などではなく、めんこや消しゴムレース、メダルゲームなどある意味ぼくなつよりもリアリティがあるゲーム

 

自然と戯れるという点では違いますが、当時の日常生活に焦点を当てたこちらも懐かしさがよみがえるのではないでしょうか。

2008年にDSで発売されたゲームなので、近所の中古屋さんで売っているかもしれません。

 

いなか暮らし

こちらは15歳の少女が主人公のゲーム。

沖縄のような島・久垣島でまったりと生活していくゲームです。

 

中学生最後の夏休み2週間を南の島で楽しもう!というストーリーとなっています。

受験勉強せいや!って話ですが…

 

プレイヤーを操作して田舎を満喫するところはぼくなつ同様ですが、貝殻探しやふっとベースボール、星を見るなどまた違う角度で田舎の遊びを楽しむことができます

また、沖縄の方言や料理もあるため、沖縄が好きだ!って人にはもってこいのゲームです。

 

Play Station2でのみ発売されています。

ぼくらのかぞく

こちらはぼくなつと同じ開発会社が作っているゲームですね。

プレイヤーが親で、35年間子供を見守り続けるというゲームです。

 

アットホームな雰囲気は僕夏同様なのですが、かなりゲーム感が強いんですよね…

というのも、子供を育てる際にステータスが数字で出たり、プレイヤーの移動ができない、スピード感が早いなど、ぼくなつとは趣向がかなり違います。

 

どちらかというと「ときめきメモリアル」のようなゲーム進行だと言えますね。

作業感が強いというか。

その為、もしかしたら好き嫌いが分かれるかもしれませんね

 

PlayStation2で発売されています。

 

怪獣が出る金曜日

こちらもぼくなつと同じ会社であるミレニアムキッチンが作ったゲームです。

レトロな商店街が舞台となっており、放課後少年に似ている一方で怪獣が現れるなどのファンタジー的な要素も盛り込まれています。

 

あらすじとしては、東京都世田谷区に越してきた主人公がそこの住民と触れていく中で、毎週金曜日の夕方に突如現れる怪獣の謎に迫っていくというもの。

昭和らしい雰囲気がしっかりとと再現されており、昔を懐かしむという点ではうってつけのゲームです。

 

とはいえ、実は内容は少し薄味なんですよね…

キャラクターに話しかけることがゲームのメインとなってしまっていたり、ストーリーが1日しかない為2時間程度でクリアできてしまったり…

 

忙しいけどぼくなつの雰囲気をサクっと味わいたい!という人や安く済ませたい!という人にはいいかもしれません

Nintendo3DSのダウンロードソフトウェアです。

 

<スポンサーリンク>



スポンサーリンク

「ぼくのなつやすみ」のアプリについて

アプリは開発中止か?

さて、以前から言われているのが「ぼくのなつやすみ」のアプリ版が出るということ。

16年12月に公式でも予告されており、ファンは楽しみで仕方ないと思います。

 

しかし、19年の現在でもいまだに何の音沙汰もないんですよね…

そうなると不安なのが「アプリの開発は中止してしまったのか?」ということ。

 

ただ、公式からは中止の旨の報告は出ていません!

発表した手前、撤回するなんてことはあり得ないでしょうから、いずれ配信はされると思います。

因みに、こちらで詳しく話していますが、PS4版でのぼくのなつやすみ販売も噂されていますよね…!

 

アプリの配信日はいつ?

さて、中止の発表がないとなると、次に気になるのがいつアプリが配信されるのかについて。

ぼくのなつやすみのアプリ配信日はいつなのでしょうか?

 

残念ながら、明確な情報は公開されていないんですね

過去にもネット上で配信日の予測が出回ったこともあるのですが、いずれの日程でも発売されることのないまま現在までに至っています。

アプリを開発することを発表されたのが2016年12月のことですから、もう結構長い間期間が経っていると言えますね…

気長に待つしかなさそうですね…!

 

アプリについて現状分かっている情報は?

現状では配信日は公開されていないわけですが、果たして現状ではどの情報が公開されているのでしょうか?

現在では以下の3つが公開されています。

 

・価格は基本プレイ無料

・iOS、Android両方でプレイ可能

・Sonyから発売

 

現状ではこの程度で、正直予想できるような最低限の情報しか公開されていません

やはり、任天堂を中心にアプリで好ましい結果が出なかったことを受けて、開発にあまり注力をしていない可能性はありますね…

正直発売してほしいところではありますが、とはいえ他の任天堂のアプリのように中身が薄っぺらいものだとしても嫌ですよね…

 

ちなみに、ミレニアムキッチンの公式サイトや製作者である綾部和さんのtwitterなどを見ていても、その旨の情報は全く出ておりません。

ただ情報を公開していないだけならいいですが、最悪のシナリオである半永久的な開発中止などは考えたくないですね…

あと、しっかりとエンディングとかは凝ってほしいですよね…

 

まとめっ

とはいえ、マリオやどうぶつの森など、Nintendoのアプリ進出は不発に終わっているんですよね…

もし無料での配信になるのなら、怖いのが質の低さですね…

有料でもいいから、これまでのような高い質のゲームに仕上げてほしいものですね!

 

そういえば、ぼくなつとキレイキレイって異様に似ていますよね…

「この2つには関連があるんじゃないか!?」とも言われていますよね。

その真相は、こちらに記載しておりますよ!

 

<スポンサーリンク>



この記事を書いている人 - WRITER -
ササキ
そこらへんの凡人。 友達がいないことを武器に、今日も写輪眼とブログを極める日々。 好きな物は酢のもの、嫌いな物はインスタ(男の)。 好きでも嫌いでもない物はマックのスマイル0円。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 私めが語らせていただきます。 , 2018 All Rights Reserved.