日本の様々な事についてふつつか者ですが語らせていただきます。

ヨシタケシンスケの本名とは?プロフィール・経歴も紹介!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ササキ
そこらへんの凡人。 友達がいないことを武器に、今日も写輪眼とブログを極める日々。 好きな物は酢のもの、嫌いな物はインスタ(男の)。 好きでも嫌いでもない物はマックのスマイル0円。

絵本作家として人気を博しているヨシタケシンスケさん。

そんな彼ですが、果たして本名は何なのでしょうか?

 

また、プロフィールや経歴についてもまとめてみました!

今回はヨシタケシンスケさんについて語らせていただきます!

 

<スポンサーリンク>



ヨシタケシンスケとは?

ヨシタケシンスケのプロフィール


出典 http://bunshun.jp

生年月日 1973年6月17日

年齢 45歳

出身 神奈川県茅ケ崎市

最終学歴 筑波大学卒業

 

ヨシタケシンスケは絵本作家!

ヨシタケシンスケさんは最近絵本業界で一躍有名となっている絵本作家です!

その功績は目覚ましく、2013年にはMOE絵本屋さん大賞第1位を獲得したり、2014年に第2回長野県本屋大賞CONTEMPORARY部門を受賞されたりしています!

 

その他にも

・第61回産経児童出版文化賞美術賞

・わたくし、つまりNobody賞

・けんぶち絵本の里大賞

も受賞されたりしています。

 

絵本で子供の創造性を高めているといる意味では、子供にとっての神様というべき存在でしょうか。

…ちょっと違うか笑

 

そんな絵本界のレジェンド的存在奈ヨシタケシンスケさんですが、実はかなり遅咲きの方なんですね!

大学院を出た後ずっとイラスト関係の仕事に携わっていたものの、ずっと結果が出ていなかったんですよね…

 

初めて結果が出たのは40歳の時。

初だしした絵本「りんごかもしれない」が大ヒットしたんですね!

なるほど、イラストから絵本に転身したことでヨシタケさんの才能が開花したんですな!

 

ヨシタケシンスケの経歴について

学生時代について

さて、ヨシタケシンスケさんですが、当初は造形を行っていたようです。

確かに、大学でも造形を専攻にしているんですよね。

筑波大学卒業ということで、学生時代から頭脳と器用さを兼ね備えていたと言えますね!

 

ちなみに、幼少期から造形が好きだったそうなのですが、そのきっかけは家族にあったんですね。

というのも、ヨシタケシンスケさんにはお姉さんがいるのですが、かなりの絵の名手で、コンクールをザラに受賞していたそうなんです。

 

ただ、お姉さんは工作だけはしていなかったため、ヨシタケさんは工作をするようになりました。

その際にお母さんが褒めてくれたそうなのですが、それがうれしかったことがきっかけでどんどんのめりこんでいったそうです。

やはり、家庭環境って人生を左右させますな…

 

イラストに進んだきっかけ

さて、イラスト関係に道を歩むきっかけとなったのが社会人時代

大学院卒業後ゲーム会社に半年だけ務めていたのですが、その時にたまったストレスをイラスト付きでこっそり落書きしていたそうなんですね。

 

それが経理の女性に見つかってしまったときに、かわいいと評価してもらえたことにヨシタケシンスケさんは驚きます。

絵を認めてもらったのが意外だ、と感じたんですね。

 

そこでそのイラストを冊子にして販売したところ、週間文集の編集者の方が目を付けたようで。

「ツチヤの口車(土屋賢二さんという哲学者の連載コラム)のイラストを書かないか」という依頼をもらったんですね。

 

それをきっかけに脱サラし、イラストレーターとして歩みを進めていくこととなります。

成程、きっかけは落書きだったんですなぁ…

 

絵本作家となったきっかけ

絵本の作成に歩みを進めるきっかけとなったのも編集者からの勧めだったそうです。

「りゆうがあります」を担当した編集者の方が提案したことがきっかけだったんですね。

 

とはいえ、最初はかなり大変だったそうです。

というのも、イラストレーターの習慣であるテーマに沿った絵を描くという習慣から抜け出せなかったんですね。

 

絵本を書ききれなかったヨシタケシンスケさんは編集者の方に再び会って、「テーマをくれ」とお願いしたそうです。

そして、その時貰った「くせ」と「うそ」のテーマで作り上げたのが大ベストセラーの「りんごかもしれない」なんですね。

 

<スポンサーリンク>



ヨシタケシンスケの本名とは?

さて、ヨシタケシンスケさんはこの名前でイラストレーターとして活動されていますが、本名は何なのでしょうか?

 

なんと、ヨシタケシンスケがそのまま本名なんだそうです!

漢字では「吉竹伸介」と書かれます。

 

ちなみに、なぜカタカナ名義で活動しているかというと、「特に深い理由はない」そうです笑

造形の仕事では漢字で、イラストの仕事はカタカナと分けているらしいです。

さらにちなみに、イラストの仕事をカタカナで表現した理由として、当時デビューされた現代美術家のヤノベケンジさんがカタカナ名義で活動されていたため、それにあやかったんだそうです。

 

まとめっ

ヨシタケシンスケさんの活動、これからも楽しみですね!

 

次は>>

ヨシタケシンスケのグッズをまとめてみた!おすすめイラスト・作品も

 

<スポンサーリンク>



この記事を書いている人 - WRITER -
ササキ
そこらへんの凡人。 友達がいないことを武器に、今日も写輪眼とブログを極める日々。 好きな物は酢のもの、嫌いな物はインスタ(男の)。 好きでも嫌いでもない物はマックのスマイル0円。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 私めが語らせていただきます。 , 2018 All Rights Reserved.