日本の様々な事についてふつつか者ですが語らせていただきます。

辻村深月は結婚して夫・子供がいる?経歴・学歴と本名についてもチェック!

2018/08/12
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ササキ
そこらへんの凡人。 友達がいないことを武器に、今日も写輪眼とブログを極める日々。 好きな物は酢のもの、嫌いな物はインスタ(男の)。 好きでも嫌いでもない物はマックのスマイル0円。

今年、「かがみの孤城」で本屋大賞を受賞された辻村深月さん。

そんな辻村さんは、現在結婚されているのでしょうか?

また、辻村さんの本名経歴・学歴についても気になるところです!

 

今回は辻村深月さんの結婚事情経歴などについて語らせていただきます!

 

<スポンサーリンク>



辻村深月とは?


出典 https://www.books-sanseido.co.jp

読み つじむら みづき

生年月日 1980年2月29日(38歳)

出身 山梨県笛吹市

最終学歴 千葉大学教育学部卒業

 

辻村深月は小説家!

辻村深月さんはミステリー小説家です!

24歳の時に「冷たい校舎の時は止まる」という作品で、未発表の小説の新人賞にあたるメフィスト賞を受賞しています。

この作品については高校・大学生の間という長い年月をかけて書き上げた長編小説のようですね。

 

また、2011年には「ツナグ」で第32回吉川英治文学新人賞、12年には「鍵のない夢を見る」で第147回直樹三十五賞、18年には「かがみの孤城」で第15回本屋大賞を受賞されています。

ちなみに、憧れの小説家は綾辻行人さんのようで、小学6年生に出会って以来全ての作品を読み漁っていたようです。

 

辻村深月の本名は?

辻村深月さんの本名ですが、どうやら非公開のようです。

まあ、作家さんはフィクションを書くという観点から、自信の情報を公開する人は少ないですからね…

 

辻村深月の経歴は?


出典 http://biz-journal.jp

辻村深月は千葉大出身!

前述の通り、辻村深月さんは千葉大学教育学部出身です!

ちなみに、千葉大学は関東では結構ハイレベルで、偏差値的には筑波大学の次位の大学です。

 

小学校教員の養成に定評があったというのも動機の一つだったらしいのですが、1番の志望動機はミステリ研究会が千葉大学にあったからそうなんです。

大学の志望動機なんてみんなそんな感じですからね…

漠然と受験する人よりはよっぽど受験に打ち込めたのではないでしょうか。

 

辻村深月はどうして小説家になった?

実は、辻村深月さんは当初は小学校の先生を志望していたそうです。

だから千葉大を志望していたのは先述の通りです。

 

しかし、大学での周りの人が一生の仕事として教師を志望しているのに対し、辻村さんは教師がそれではないことに気づいたそうで。

改めて生涯を捧げたい仕事を考えた時に、兼ねてより憧れだった小説家が思い浮かんだそうです。

 

それ以来本格的に小説家を目指し、OLの傍ら作家活動をしていたそうです。

仕事に「安定」を求められる教師を捨てて「生きがい」を目指せる作家にシフトしたということですね!

 

<スポンサーリンク>



辻村深月の家族について

辻村深月は結婚している?

辻村さんは結婚されています

正確な日にちは定かではないですが、お子さんを生まれる前の2010年頃だと思われます

旦那さんについての詳細も公開されていませんでした…

 

というのも、辻村さんには結婚してしまうと作家としての面白みがなくなってしまうのではないか、という思いがあるとのこと。

(とはいえ、個人情報は何から何まで隠されていますがね…)

そのため、詳細については知人にさえもあまり教えなかったそうです。

 

辻村深月には子供がいる?


出典 https://geisposoul.com

辻村深月さんには2人のお子さんがいらっしゃいます!

2011年7月に長男を出産され、現在は6歳のようですね。

その後に長女を出産されていますが、年齢については明らかではありません。

私の推定では4,5歳だと思われます。

両方とも名前も不明です。

 

ただ、驚きなのが辻村さんは産休も育休もとっていないということなんですよね!

1度目の出産の前後にはには直木賞を受賞した「鍵のない夢を見る」を執筆していたようです。

ちなみに、その中の1つである「君本家の誘拐」は当初母が子に虐待をする話にするつもりだったようですが、出産を経験したことで育児の楽しさの側面にも気づき、虐待物はやめたそうです。

 

まとめっ

そんな辻村深月さんですが、6月28日のゴロウ・デラックスに出演されます!

ゴロウデラックスについての記事もありますので、ぜひご覧ください!

<スポンサーリンク>



この記事を書いている人 - WRITER -
ササキ
そこらへんの凡人。 友達がいないことを武器に、今日も写輪眼とブログを極める日々。 好きな物は酢のもの、嫌いな物はインスタ(男の)。 好きでも嫌いでもない物はマックのスマイル0円。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 私めが語らせていただきます。 , 2018 All Rights Reserved.