日本の様々な事についてふつつか者ですが語らせていただきます。

プロゲーマーときどは何のゲームで成績を残した?海外の反応もリサーチ!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ササキ
そこらへんの凡人。 友達がいないことを武器に、今日も写輪眼とブログを極める日々。 好きな物は酢のもの、嫌いな物はインスタ(男の)。 好きでも嫌いでもない物はマックのスマイル0円。

ゲーム対戦の大会であるesportsは現在どんどん広がりを見せています。

そんな中、日本人ゲーマーとして注目されている方がいます。

その名はときど

 

さて、彼が8月12日の情熱大陸に出演されるわけですが、実際に彼は何のゲームで結果を出しているのでしょうか?

また、その功績と海外からの評価についても知りたいところです

 

今回はときどさんについて語らせていただきます!

 

関連:【情熱大陸】伊藤圭の父親や妻の家族情報は?三俣山荘の場所・評判も必見!

 

<スポンサーリンク>



ときどとは?

ときどのプロフィール


出典 http://news.denfaminicogamer.jp

本名 谷口一(たにぐちはじめ)

生年月日 1985年 7月7日

年齢 33歳

出身 神奈川県横浜市

最終学歴 東京大学理科一類

 

ときどはプロゲーマ!

ときどさんは現在プロゲーマーとして活躍されています!

一見プロゲーマーは職業として認知はされていませんが、国際的にゲームの存在が当たり前となった今、どんどんゲーマーが活躍する機会は増えてくるでしょうね!

というか、もうアメリカではすでにその市場はかなり広まっていて、企業がゲーマーにスポンサー料を支払うなんてこともザラにあります。

 

ときどさんは小学生のころからゲームが好きだったようで、特に「バーチャファイター2」にはまったようです。

バーチャファイターとは、1993年にセガより発売された対戦型格闘ゲーム。

2は94年に発売されました。

当時としては少ない3DCGを使用したゲームとして、1は71万本、2は180万本発売されました。

 

ときどさんが本格的にプロゲーマーを目指し始めたのが、大学院に在籍中のこと。

学生の時から彼の実力はかなり高かったようで、アメリカの会社からすでにスポンサー契約を頼まれていたそうです。

そんな中、梅原大吾さんというゲーマーがプロを宣言したことが彼の心を揺さぶることとなります。

他にも研究内容に興味が持てなかったことが後押しして、大学院を中退してゲーマーへの道へと歩みを進めることとなります。

 

「ゲームをしていては学力が上がらないぞ!」とこっぴどく親や先生に言われた僕にとっては、その両方を極めたときどさんが羨ましくて仕方ないですなぁ…

 

何のゲーム専攻?

さて、ときどさんは格闘ゲームでゲーマー活動をしているのは先述の通りですが、そのゲームの種類は多岐にわたります

 

・STREAT FIGHTER Ⅱ,Ⅳ,Ⅹ(クロス)の3作

・鉄拳タッグトーナメント2

・ペルソナ4

・ULTIMATE MARVEL VS. CAPCOM 3

・ザ・キング・オブ・ファイターズ

 

の7種のゲームで大会に出場されます。(2013年当時)

 

アメリカの大会なのですが、驚くことに全て日本で発売されたゲームなんですよね!

格闘ゲームの偉大さが実感できますね!

ちなみに、そのゲームの強さから「格ゲー5神」の1人に選定されています。

 

<スポンサーリンク>



ときどの実力について

ときどの成績は?

さて、ときどさんですが、これまでに3回の優勝歴があります!

1回目は2002年。

CAPCOM VS. SNK 2 MILLIONAIRE FIGHTING 2001というゲームで優勝されました。

 

2回目は2007年。

スーパーストリートファイターⅡ」で優勝されました。

 

3回目は2017年。

ストリートファイターⅤ」で優勝されました。

特に、3回目は2000人以上が出場し、高倍率かつ高難易度の中から見事勝ち抜かれました。

 

さすが、ゲーム界の神と呼ばれるだけありますね…

 

海外からの評価はどうか?

ここでは2017年の大会でときどさんが優勝されたときのコメントをピックアップしたいと思います。

ちなみに、この決勝戦は18歳にしてプロゲーマーである天才パンク選手との対戦。

能力はどちらも互角で、どちらが勝つのかは神のみぞ知る、といった状況でした。

「俺も彼は大好き。彼の情熱が、ゲームを非現実的なレベルにまで持っていってる。どうやれば彼を嫌いになんてなれるのか。」

 

「Punkはリセット後にもう壊れていたように見えた。メンタルは強くないのかもしれない。ときどの経験が勝利を導いたね。」

 

「ときどの経験がここで生きたね。あの煽りコンボは、グランドファイナルの完璧なタイミングで行われた。あれでときどはPunkに極めて大きな精神的ダメージを与えたよ。」

 

「ときどは我々が必要としていたチャンピオンだね。彼が、真のチャンピオンとはどういうものかの規範になってほしい。勤勉、献身、尊敬、そして謙虚さと、そして、勝利だ。」

 

「まぁ、この優勝はときどが相応しいね」

 

「ときどは確実にレベルが上がってる。信じられないぜ」

 

「パンク選手が負けた時はひどくがっかりした。でもときどが優勝したことに怒る気になれなかった。彼はマジで強かったからな」

 

「我々の国にとってパンクは希望の選手だったが、ときどは優勝に相応しいテクを持ってた」

 

ここから読み取れるに、世界の評価としてはときどさんは経験値がかなりある、努力型のプレイヤー。

先述の通り18歳での天才もいる中、ときどさんは安定して高い能力を持っている印象があるようです。

また、この前の年ではベスト8止まりだったこともあり、急上昇中の選手として大きな期待を寄せられているようです。

 

まとめっ

ちなみに、ときどさんは大学院時代に学術面でも大きな功績を残していたようで、国際的な高分子ゲルの協議会では受賞もされていたようです。

学生としてもかなり優秀な方だったんですね!

その高い頭脳ゆえにゲーム界でも生き残っていけるのでしょうな!

 

<スポンサーリンク>



この記事を書いている人 - WRITER -
ササキ
そこらへんの凡人。 友達がいないことを武器に、今日も写輪眼とブログを極める日々。 好きな物は酢のもの、嫌いな物はインスタ(男の)。 好きでも嫌いでもない物はマックのスマイル0円。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 私めが語らせていただきます。 , 2018 All Rights Reserved.