日本の様々な事についてふつつか者ですが語らせていただきます。

【シンカリオン】エヴァンゲリオンコラボ回の内容ネタバレ!

2018/08/12
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ササキ
そこらへんの凡人。 友達がいないことを武器に、今日も写輪眼とブログを極める日々。 好きな物は酢のもの、嫌いな物はインスタ(男の)。 好きでも嫌いでもない物はマックのスマイル0円。

現在放送中のアニメ「シンカリオン」。

新幹線をモチーフとした内容になっており、子供はもちろん、新幹線ファンも楽しめるアニメです。

 

さて、実は8月11日のアニメでエヴァンゲリオンとのコラボが行われたんですよね!

 

ただ、見逃してしまった!という方も多いはず。

そんな方の為に、今回はコラボ回の31話ネタバレについて語らせていただきます!

 

<スポンサーリンク>



シンカリオンとは?

シンカリオンは18年1月から放送されているアニメ!


出典 http://www.shinkalion.com

さて、日本男児はヒーローもののアニメにはまっていくは日本の常識なわけですが、最近のヒーローものといえば「シンカリオン」。

一見「進化しまくるアニメなのかな?」と思いがちですが、そうではなく新幹線をモチーフにしたアニメです。

 

今までにはない斬新なアニメですよね!

今年の1月6日からTBC系列で6時30分より放送されています。

 

一見「肖像権とか大丈夫なん…?」と思われがちですが、なんとJR東海や西日本、北海道、九州などの関連企業が協力して作られたアニメなんですね!

その為、実際に存在する新幹線や鉄道なんかも作品中に出てきます。

 

確かに、近年は車離れが進行しているみたいですからね…

ぷらレースをはじめとするオモチャがある中、鉄道会社も認知度上昇に力を入れているのかもしれませんね!

 

シンカリオンのあらすじは?

さて、シンカリオンの話はどのようなものなのでしょうか?

 

話の発端は街を襲う道の敵が存在することから始まります。

異次元から人間にバチを当てるためにやってくる「バチガミ」という敵や、10年前から出現し始めた「巨大怪物体」という敵が襲い始めるんですね。

 

それに対処するために、主人公である速杉ハヤトはE5ハヤブサ新幹線が変身したロボット「シンカリオン・E5はやぶさ」を操縦することで敵たちの撃退を行っていきます。

 

このアニメの中で特に面白いのが、物語の所々に新幹線のや鉄道のうんちくが入れ込まれていること。

かなりマニアックで、小学生がこれを理解できるのか!?と疑わざるを得ないほど。

 

少なくとも小学生の頃の僕だったらちんぷんかんぷんですね…

熱海線とか知らなかったかったでしょうから。

 

 

シンカリオンがエヴァンゲリオンとコラボ!

コラボ回のネタバレまとめ


出典 https://twitter.com

注意 ここからは物語のネタバレが入ります。観たくない方はここから下へスクロールしないことをお勧めします。

その代わり、この記事をご覧いただければと思います。

関連 原ゆたかの現在の仕事とその年収は?過去の経歴や学歴と共にチェック!

 

 

 

 

 

物語は主人公ハヤトが三島・掛川間でのぞみ新幹線の写真を撮影しているところから始まります。

その中、彼は信じられないものを見てしまいます。

 

なんと、山陽新幹線を走っており、かつもう廃止したはずの500タイプエヴァが東日本で走っていたんですね!

彼はその新幹線に興味をそそられ、そいつを追いかけ始めます。

 

その道中、彼はとある人たちに出会います。

洞木ヒカリ・コダマ・ノゾミです。

…少しニヤッとした人もいるかもしれません。

 

ハヤトは彼らと意気投合し、様々なところに行く中、今いる場所が第三新東京という聞いたことのない街だということを知ります。

 

 

 

そんな中、JR熱海駅前に巨大怪物体・キングシトエルが出現してしまいます!

その様は、まるでエヴァンゲリオン劇場版に登場した使徒たちの集合体さながら。

 

ハヤトはすぐさまE5ハヤブサ新幹線のある箱根湯本へ行き、シンカリオンを起動させます。

そしてキングシトエルと闘うことになりますが、ここで緊急事態が発生

敵がATフィールドを発したことで、E5ハヤブサシンカリオンの攻撃が通用しなくなってしまったんです!

 

そんなピンチの中、ハヤトのもとに1つの情報が舞い込んできます。

京都支部から500タイプエヴァが来る!

 

そう、最初にハヤトが見たのは救援のために駆け付けた500タイプエヴァだったんですね!

その新幹線が駆け付け、シンカリオンへと変身した後、操縦者がシンジに挨拶を。

 

名前は碇シンジ

そう、エヴァンゲリオンの主人公ですね!

 

彼はATフィールドを破壊しよう!と提案します。

でも、どう破壊すればいいのか。

 

ハヤトが戸惑っていたところ、シンジは「君のカイサツソードを貸してくれ」と言います。

ハヤトはそれに応じ、ソードを天高く投げ上げます。

 

すると、カイサツソードが500タイプエヴァに装着!

その勢いで敵に攻めより、見事フィールドを破壊。

 

最後はハヤトが発したグランクロスにより、見事キングシエトルを撃破します。

 

 

 

物語は夕方の箱根湯本駅に移ります。

ハヤトは東京駅に帰ろうとしますが、洞木姉妹から「東京駅は存在しない」ということを聞きます。

 

ただ、ハヤトもそのことは分かっていたようで。

というのも、東海道新幹線の起点が鴻巣駅であることを見たことから、ここは自分が夢で作り上げた異次元世界だと判断するんですね。

 

洞木ノゾミから「それを知っていたのになぜわざわざ会いに来てくれたの?」と質問されたときに、ハヤトが一言

だって、新幹線好きに悪い人はいないから!

 

その直後、一緒に戦った戦友、シンジが登場します。

こっちの世界は守るから、そっちの世界は君が守れ

最後に2人は握手して、彼らと別れる…

 

 

 

という場面でハヤトは目を覚まします。

やっぱりあれは夢だったんだな。

 

そう思いつつ、カメラで撮った写真を確認すると、なんと夢の中でとったはずの写真が残っていたんです!

夢だと思っていたハヤトは戸惑います。

 

 

 

最後にシンジが丘の上から街を見渡す場面となり、一言。

…ありがとう、ハヤト君。

 

劇終

 

 

<スポンサーリンク>



まとめっ

特に興味深かったと感じたのが、エヴァンゲリオンでは話でしか出てこず実際の姿は分からずじまいだった、洞木ヒカリの姉妹が出てきたこと。

どちらかというと、エヴァンゲリオンのファンのほうが楽しめる回であったと感じております。

ちなみに、エヴァの主要キャラクター綾波レイや惣流・アスカ・ラングレーも出演しているので、是非ともアニメを見てみてくださいね!

 

<スポンサーリンク>



この記事を書いている人 - WRITER -
ササキ
そこらへんの凡人。 友達がいないことを武器に、今日も写輪眼とブログを極める日々。 好きな物は酢のもの、嫌いな物はインスタ(男の)。 好きでも嫌いでもない物はマックのスマイル0円。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 私めが語らせていただきます。 , 2018 All Rights Reserved.