日本の様々な事についてふつつか者ですが語らせていただきます。

成田緑夢の兄弟との関係は?現在の活動と現役時代の活躍についてもチェック!

2018/08/11
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ササキ
そこらへんの凡人。 友達がいないことを武器に、今日も写輪眼とブログを極める日々。 好きな物は酢のもの、嫌いな物はインスタ(男の)。 好きでも嫌いでもない物はマックのスマイル0円。

平昌パラリンピックの男子スノーボードで金メダルを獲得し有名となった成田緑夢さん。

ただその直後、彼は引退を宣言してしまいました。

現在はどのような活動をしているのでしょうか?

また、ご兄弟である成田童夢さん、今井メロさんもスノーボードで有名ですが、3人の仲はどのようなものなのでしょうか?

 

今回は、成田緑夢さんのご兄弟との関係現役時代の活躍、そして現在の活動について語らせていただきます!

<スポンサーリンク>



成田緑夢のプロフィール


出典 https://cyclestyle.net

読み なりた ぐりむ

出身 大阪府大阪市住之江区

生年月日 1994年2月1日(24歳)

職種 フリースタイルスキー、スノーボード選手

最終学歴 上宮高等学校

 

兄弟はどんな人?

成田緑夢さんは4人兄弟のようです。

上から成田童夢さん、今井流星さん、今井夢露さん(芸名は今井メロ)、成田緑夢さんの順です。

成田緑夢さんは末っ子に当たるということですね!

 

なぜ流星さんと夢露さんの名字が違うかというと、それは彼らの父親である成田隆史さんが離婚したときに、2人を母方の姓にしたからだそうです。

 

兄弟との関係は?

成田緑夢さんは、今でも兄弟と仲がいいのでしょうか?

 

長男である童夢さんとは、いまでも仲が良いみたいですね!

2月24日にあった緑夢さんが参加するオリンピック・パラリンピックのトークショーにも童夢さんは参加していたようです。

また、童夢さんのtwitterでも緑夢さんの話題が度々上がってきています。

 

一方、今井メロさんとの関係はそこまで良好ではないそうです。

どうやら、2006年のトリノオリンピック以来会っていないようですね…

 

どうやら、トリノオリンピックの1年ほど前にご両親が離婚したようなのですが、お父さんのスパルタ教育に耐え切れなくなり、母親側についてしまったようです。

ただ、その時緑夢さんは父親側についたということで、メロさんと一切関係をとれなくなってしまったようです。

前述のとおり童夢さんとは現在は関係をとっているようですが、メロさんとはこの一件以来関係をとっていないようですね…

 

ちなみに、次男である流星さんは一般人であるということで、ほとんど情報がありません

なので緑夢さんとの情報も確認はできませんでした

 

ちなみに、緑夢さんや童夢さんが子供だった頃番組で取材された映像があったのですが、3兄弟は出ているのですがなぜか流星さんらしき人は出てこないんですよね…

かといって実はいないのかというとそうでもないようで、童夢さんのtwitter内で男兄弟が3人いることを明かしています。

もしかしたらスパルタ教育に見かねたお母さんが流星さんだけには許さなかったのかもしれませんね…

 

<スポンサーリンク>



成田緑夢の過去と現在の活動について


出典 http://giver.jp

以前は○○選手だった!

当初は、スノーボードトランポリンを並行して行っていたようですね。

驚きなのが、この2つ両方でしっかりと結果を出しているんですね!

 

どうやら、スノーボードでは高校生の時点でバンクーバーオリンピックで金メダルを獲得したショーン・ホワイトの「ダブルマックツイスト1260」という難技を一発で決めることができたそうで。

トランポリンでも全国高校選手権で最高難度賞を受賞していたようです。

18歳でフリースタイルスキーも始め、ワールドカップに3回出場したり、世界選手権の日本代表に出場したりとこちらも好調だったようです。

 

正しく、3刀流ですね!

 

どうしてパラリンピックへ転向したの?

さて、そんな天才成田緑夢さんですが、13年4月に事故を起こしてしまいます

トランポリンの練習中に着地を誤り、左足の腓骨の神経の麻痺や靭帯断裂などを起こしてしまったのです。

治療に励むも完治はできませんでした…

 

ただ、その後も選手として活動

スノーボード以外にも陸上の走高跳も行っているようです。

左足負傷後も様々な大会で結果を残していきました。

現役当時の実績は?

トランポリンでは前述のとおり全国高校選手権の個人で歴代最高点16.3点をたたき出し、最高難度賞を受賞しました。

フリースタイルスキーではワールドカップに3回出場、そして世界選手権にも出場。世界ジュニア選手権ではハーフパイプで優勝もしています。

また、スノーボードではパラリンピック委員会主催のワールドカップ4回優勝しています。

なお、種目はスノーボードクロス(複数人で競争する競技。転倒が多く、本番で何が起こるかわからない)とバンクドスラローム(山を滑るタイムレース)です。

 

また、記憶にも新しいパラリンピックでもスノーボードクロスで銅メダル、バンクドスラロームで金メダルを獲得しています。

 

なぜ引退したの?

さて、そんな成田緑夢さんですが18年の3月28日にスノーボード引退を宣言。

平昌オリンピック金メダル獲得直後の話でしたから、困惑を隠せない人も多かったと思います。

 

その理由として挙げられるのは「格好よく引退したいから」だそうで。

この形が以前より考えていた理想の方法だったそうです。

そのため、金メダルを獲得したときは嬉しい反面、引退しなければならないという焦燥感もあったようですね。

 

現在は何をしてる?

現在は2020年の東京オリンピック・パラリンリックへとむけて奮闘中だということです。

ちなみに、次の競技についてはまだ公表していません

ただ、ある程度結果を残している走り高跳び、幅跳びになるのではないでしょうかね…

 

まとめっ

様々な競技に参加してどんどん結果を残していく…

まさに、天才ゆえの宿命ともいえますね!

<スポンサーリンク>




 

この記事を書いている人 - WRITER -
ササキ
そこらへんの凡人。 友達がいないことを武器に、今日も写輪眼とブログを極める日々。 好きな物は酢のもの、嫌いな物はインスタ(男の)。 好きでも嫌いでもない物はマックのスマイル0円。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 私めが語らせていただきます。 , 2018 All Rights Reserved.