日本の様々な事についてふつつか者ですが語らせていただきます。

イモムシ・ケムシが人気急上昇の理由とは?かわいい種類の画像もまとめてみた

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ササキ
そこらへんの凡人。 友達がいないことを武器に、今日も写輪眼とブログを極める日々。 好きな物は酢のもの、嫌いな物はインスタ(男の)。 好きでも嫌いでもない物はマックのスマイル0円。

最近これといった流行がありませんが、もしかしたら次のブームはこれらかもしれません。

そう、イモムシとケムシ!

 

実は、最近大人気なんですよね!

その人気っぷりは8月16日のゴロウデラックスでも紹介される程。

 

さて、そんな彼らはどうして人気が出始めたのでしょうか?

また、かわいい虫たちについてもまとめてみました。

 

今回はイモムシとケムシについて語らせていただきます!

 

イモムシ・ケムシが人気上昇中!

イモムシとケムシの図鑑が異例の大評判!

さて、小学館から発売されている図鑑シリーズ

小学生の時に誰もが触れてきたのではないでしょうか。

僕も人間の図鑑が大好きで、女子の体の仕組みを血眼になって勉強していた時期がありました。

 

そんな図鑑シリーズですが、今異例の大ヒットを生み出しているのが「イモムシとケムシ」。

今年の6月下旬に発売したのですが、なんとアマゾンの「図鑑・事典・年鑑」部門で売れ筋のトップ10入りも果たしたそうで

年内には1万部まで達するのではないかという人気っぷりで、王道の図鑑「恐竜」や「宇宙」などと肩を並べるのではないかといわれる程。

 

もしかしたら「将来僕はケムシ博士になるんだい!」なんて子供がごまんと出てくる時代はすぐそこなのかもしれませんね。

一般的には気持ち悪さから望みもしないのに人間の敵へと成りあがる彼らですが、年功序列と一緒でもう古い発想なのかもしれません。

 

人気が急上昇している理由とは?

まず挙げられるのが一部の層に大人気だから

それは、子供たちです

 

特に男子に人気が出ているようです。

まあ、彼らは虫が大好きですからね…

彼らの中ではひょっこりはんに次ぐブームになっているようです。

 

とはいえ、実は意外にも大人からも人気が出ているんですね

例えば、興味本位で買う人

 

大人にとっては恐怖の集合体ですから、ホラー小説目的で買う人もいるようです。

「食事制限にも一役買う」なんて声もありました。

昆虫食が流行っていると言いますが、こんな虫の使用法もあるんですね!

 

また、イモムシ・ケムシが「キモかわいい!」という事実に気づいてしまった人たちからも人気のようです

後述しますが、意外とかわいい種類もあるんですよね…

 

さらに、図鑑自体のクオリティの高さから購入する人もいるそうで。

小学生向けとは言えども、マイナーな虫から最新の虫まで1100種が掲載されており、もはや普通の図鑑を越えた内容の濃さのようです。

その為、虫オタクの方たちからも支持されている一冊です。

 

イモムシ・ケムシの可愛い画像

さて、そろそろイモムシ・ケムシの魅力に触れてみたい方も出てきたのではないでしょうか?

そんな方の為に、魅力的なイモムシ・ケムシについて一部ではありますが紹介したいと思います!

神秘的な透明感 ジュエルキャタピラー


出典 http://karapaia.com

こいつは、中南米の熱帯雨林に生息している幼虫です。

全身をゼラチン状のもので覆っており、体長は3cmほど。

その美しさからイモムシ界の清純派キャラといえるでしょう。

 

ちなみに、このように色が変わったりもするようです。


出典 http://karapaia.com

成虫も全身を体毛で覆っていて、おもしろいです。


出典 http://karapaia.com

 

夏にピッタリの美しさ ハグロハバチ


出典 http://salmiakkinenblog.blogspot.com

日本各地に生息しています。

親は蜂なのですが、子供はかなりキレイなんですよね!

幼虫は意外にも冬に生息するようで、11月、12月にスイバの葉にくっついているそうです。

かき氷の隅にいても全然気持ち悪くないですね!

 

癒し系のイモムシ オオムラサキ


出典 https://matome.naver.jp/

日本にいる虫です。

やはり魅力はそのかわいさ!

ゆるキャラ感満載で、一度見たら惚れること間違いなしですね!

因みに、成虫になってからもきれいですよ。


出典 http://xn--hhru84e.jp

 

1世紀先の毛虫 オオクジャクヤママユ


出典 http://atpeacewithpink.blogspot.com

 

ヨーロッパに生息している虫です。

いかにも電気光線でも発しそうな虫ですよね…

 

まとめっ

最近急上昇中のイモムシ・ケムシ。

ただ、僕の所感としては、かわいいのは一握りで、後はどうしても気持ち悪く感じてしまいますね…

気持ち悪いという偏見を抜きにしてみてみたら、もっとかわいく見えるのかもしれません。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ササキ
そこらへんの凡人。 友達がいないことを武器に、今日も写輪眼とブログを極める日々。 好きな物は酢のもの、嫌いな物はインスタ(男の)。 好きでも嫌いでもない物はマックのスマイル0円。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 私めが語らせていただきます。 , 2018 All Rights Reserved.