日本の様々な事についてふつつか者ですが語らせていただきます。

速見佑斗の暴力問題の真相は?選手時代の実力や成績と共にチェック!

2018/09/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ササキ
そこらへんの凡人。 友達がいないことを武器に、今日も写輪眼とブログを極める日々。 好きな物は酢のもの、嫌いな物はインスタ(男の)。 好きでも嫌いでもない物はマックのスマイル0円。

世界選手権などの体操コーチとして活躍されている速見佑斗さん

そんな彼が先日、選手に暴力をふるったとして無期限登録抹消処分を受けてしまいました。

 

そこで気になるのが、本当に暴力問題は存在していたのか?ということです。

その点についてリサーチしてみました!

また、速見さんの現役時代の成績についても語らせていただきます!

 

<スポンサーリンク>



速見佑斗とは?

速見佑斗のプロフィール

よみ はやみゆうと

生年月日 1983年9月27日

年齢 34歳

出身 長崎県

最終学歴 日本体育大学

 

速見佑斗は体操コーチ!

速見さんは競技である体操のコーチをされている方です!

セインツ体操クラブに所属して指導を行っています。

世界選手権やオリンピックで監督を行っていたりしたなど、指導者としてはなかなか有名な方であるようですね!

 

速見佑斗の選手時代の実力・成績は?

やはり気になるのが速見さんがどこまでの実力者だったのか、ではないでしょうか?

やはり、コーチもある程度実績がある方の方が信頼できますもんね…

 

どうやら、オリンピックを目指せるほどの実力はあった方のようです。

大学時代も選手権の出場を良く果たしていたり、北京、アテネオリンピックの選考会に出場していました。

オリンピックで活躍する選手をバンバン出している徳洲会体操クラブに所属していたということで、なかなかの実力者だったといえますね!

 

しかし、残念ながらオリンピックの出場はかなわず、24歳の時に北京オリンピックに出場できなかったことを境に引退を発表します。

やはり、体操の年齢のピークは20代半ばといいますから、北京五輪に出場できなかった時に実力の限界を感じたのかもしれませんね…

 

<スポンサーリンク>



速見佑斗の暴力問題について

暴力問題とは?

さて、先日とある問題が話題となりました。

それは、速見コーチのパワハラ

 

味の素ナショナルトレーニングセンターなどでの指導中に、女性選手に対して顔を叩く、髪の毛を引っ張るといった暴力行為を行ったと発表されました。

そして、日本体操協会は速見さんに無期限登録抹消処分を下すこととなります。

やはりスポーツ指導者の体罰の問題視が広まっている現在では、特に批判を受けることとなってしまいました。

 

暴力問題に疑問?

さて、表向けだけ見ると単なる体罰問題に見えますが、実は複雑なのがこれからなんですよね…

というのも、暴力を受け、被害者であるはずの選手・宮川紗江さんがパワハラについてとその処分について異議を唱えているんです。

 

彼女曰く、

「確かに叩かれたり、髪の毛を引っ張られたことはあるが、過激なものではない。パワハラに値しない。体操協会側に自身とコーチを引き離そうとする意図があるのではないか」

と言い、さらに世界選手権の辞退を表明しました。

 

ほかにも、暴力は自身が練習が投げ出し、大けがや命にかかわる場面だった時で1年以上前の話だという発言や、以前にも暴力を強制的に容認させる発言が体操協会の関係者の方からあったという発言を行いました。

つまり、宮川さんの所属先を体操協会の理想通りに変えるため、速見さんの暴力問題を実質でっち上げたという発言を行ったんですね。

 

暴力問題の真相は?

さて、この会見を聞いてやはり「コーチではなく、協会側のパワハラだったんだ!」という意見が多く見受けられました。

ただ、忘れてはいけないのがこれが当事者の主張であるということ。

 

第三者の告発なら信頼性は高いかもわかりませんが、彼女の意見を過信して「協会の陰謀だったんだ!」と決めつけるのは早計だと思います。

現状宮川さんの主張の真相は、周辺の方の証言が得られるまでは可能性の1つとしか言えません。

 

協会側と宮川さん側の主張しか公開されていないため双方の共通点を見ると、

速見コーチは選手に対して確かに暴力をふるっていた

という1点のみが確実な情報であると言えます。

 

とにかく、大なり小なり体罰たるものが存在していたということが、明らかになっている真相です。

それ以上に大きな情報によりこの事実がうやむやになっていますが、やはりこの話題に触れるならば暴力の点についても議論を深めるべきだと思います。

頻繁に行われてはいなかったとはいえ、その暴力を良しとみるか悪しとみるかも向き合うべきことだと思います。

 

まとめっ

とはいえ、もし宮川さんの発言が嘘だったとして、嘘をつく動機を考えてもあまり出てこないんですよね…

本当に過激な体罰があったとして、そのコーチをかばうのはやはり無理がありますしね…

現状では確実だとは言えませんが、虚偽の主張をする理由がないと考えると本当に真実を語ってくれているのかもわかりませんな。

<スポンサーリンク>




 

この記事を書いている人 - WRITER -
ササキ
そこらへんの凡人。 友達がいないことを武器に、今日も写輪眼とブログを極める日々。 好きな物は酢のもの、嫌いな物はインスタ(男の)。 好きでも嫌いでもない物はマックのスマイル0円。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 私めが語らせていただきます。 , 2018 All Rights Reserved.