日本の様々な事についてふつつか者ですが語らせていただきます。

江草仁貴は引退後介護へ転身。施設・会社名と場所、年収を調査!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ササキ
そこらへんの凡人。 友達がいないことを武器に、今日も写輪眼とブログを極める日々。 好きな物は酢のもの、嫌いな物はインスタ(男の)。 好きでも嫌いでもない物はマックのスマイル0円。

プロ野球選手として活躍されていた江草仁貴さん。

そんな彼ですが、現在は介護事業へ手を出しているんですね!

 

現在経営している施設や会社とその場所について調べてみました!

また、現在の年収についても語らせていただきます!

 

<スポンサーリンク>



江草仁貴とは?

江草仁貴のプロフィール


出典 http://spora.jp

よみ えぐさひろたか

生年月日 1980年9月3日

年齢 38歳

最終学歴 専修大学卒業

身長 178㎝

投球・打席 左投左打

ポジション 投手

 

江草仁貴は元プロ野球選手!

さて、江草さんは元プロ野球選手です!

2003年から11年までは阪神タイガースに、1年間埼玉西武ライオンズを介して12年から17年まで広島東洋カープに所属していました。

 

投手として活躍していたわけですが、彼の武器はツーシーム。

名中継ぎとして活躍されていました。

 

そんな江草さんですが、2度結婚していることでも有名です。

1度目は一般人の方と2006年に結婚されました。

 

因みに、高校時代の後輩の方だったそうですよ!

くそぉ、高校時代は黒歴史をたどってきた僕にとっては羨ましい以外の何物でもないですな…

 

2度目は元プロバレーボールである竹下佳江さんと、2012年に結婚されました。

テレビ出演も多い方なので、もしかしたら奥さんのほうが知名度が高いかもわかりませんね。

 

<スポンサーリンク>



江草仁貴の引退後について

引退後は介護業界に転身!

さて、江草さんですが、昨年2017年の9月に現役を引退されました。

当時37歳でしたから、まあ、妥当といえるかもしれませんね。

 

引退後は地元である広島で介護関係の仕事に携わるようになります!

実際に自身の会社まで設立し、介護施設を経営されているんですね!

介護といっても様々なものがあるわけですが、江草さんはデイサービスを行っています。

 

その一方で、野球関係の仕事にも携わっています

野球の指導を行っているんですね!

 

現在は大阪電子通信大学の硬式野球部のコーチとして活動されています。

スポーツ選手って引退後仕事が見つからず低迷する人がそこそこいますが、江草さんは第2の人生をしっかりと決めて歩んでいると言えますな!

 

ちなみに、介護業界で起業することは現役時代から考えていたそうで、練習の合間に全国の数多くの施設を訪れるなど計画的に準備を行っていたそうですよ!

素晴らしいこった!

 

施設・会社名とその場所は?

さて、介護業界で起業された江草さんですが、実際にはどのような会社や施設を経営されているのでしょうか?

 

まず、会社は株式会社キアン」という名前で、広島県広島市に拠点を置いています!

事業内容としては

介護事業(リハビリ型デイサービス・レコードブック広島住吉町 運営)

居宅介護支援

健康サプリメント販売

などを行っています。

 

 

施設は、「レコードブック」という名前で運営されています。

 


出典 https://helpmanjapan.com

現在4人のスタッフがおり、毎日最大30人の方向けにプログラムを行っています。

 

やはり元プロ野球選手ということで、トレーニング内容にはこだわっているようですね!

例えば、健康の肝となるインナーマッスルトレーニングや、脳のトレーニングであるシナプソロジーという手法を取り入れています。

 

ちなみに、シナプソロジーとは「2つのことを同時に行う」「左右で違う動きをする」といった普段慣れない動きを複数人で行うことで、脳に適度な刺激を与え、認知機能や運動機能の向上を図るトレーニングです。

いわば「体を動かす脳トレ」ですね!

 

また、ティータイムの際は江草さんが厳選したお菓子を用意することで、快適な空間を作ることを意識されているそうです。

他にも、オンラインショップというものも取り入れられております。

 

石垣産のミドリムシを使った健康食品や化粧品を中心に販売されてるんですね。

「なぜミドリムシ…?」と思う方もいるかもしれませんが、おそらく長年の研究の末に江草さんがたどり着いた結果なのではないでしょうか?

 

 

現在の年収は?

さて、起業後の江草さんの年収はどのくらいなのでしょうか?

残念ながら公開されていなかったのであくまでも推測で語らせていただきます。

 

まず、一般的なデイサービスセンターは6時間で1人8000円程度ですから、1日平均20人が利用すると考えて16万円。

ちなみに、一般的な値段を出したのはネットでレコードブックの利用料が公開されていなかったからですね…

それを350日運営すると仮定して、年商は5600万円。

 

うち5%が利益と考えると年間280万円の年収があると言えますね!

とはいえ、これはデイサービスのみの値段なので、実際はもう少し多いのかもしれませんね。

 

まとめっ

江草さんの活躍、これからも楽しみですね!

 

<スポンサーリンク>




 

この記事を書いている人 - WRITER -
ササキ
そこらへんの凡人。 友達がいないことを武器に、今日も写輪眼とブログを極める日々。 好きな物は酢のもの、嫌いな物はインスタ(男の)。 好きでも嫌いでもない物はマックのスマイル0円。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 私めが語らせていただきます。 , 2018 All Rights Reserved.